あなたに合った包茎治療とは?

信頼の出来る病院を探してしっかりとしたカウンセリングを受けよう!

切らない包茎治療ってあるの?

« Posted by admin »

包茎で悩んでいる人の中には「手術を受けて包茎を治したい」と考えている人も多いでしょう。
ただ、包茎手術では余った包皮を切除するわけですから「何となく怖い」というイメージがありますし、「痛いんじゃないか」という不安を持っている人もいると思います。
「もし、切らない包茎治療があるなら、そっちを選びたい」という人も多いでしょう。
まず、医療機関で切らない包茎治療が受けられるかどうかということですが、一部のクリニックでは切らない包茎治療を受けることができます。
これは陰茎の根元の部分に医療用の接着剤を塗り、亀頭を露出した状態のままで固定する「根元部固定法」というものです。
ただ、こういった治療を医療機関で受ける価値があるかというと少し疑問です。
というのも、この治療法は必ず治療効果が出るというものではないからです。
また、接着剤の効果は3ヶ月程度しか持たないので、繰り返し治療を受ける必要もあります。
確かに包皮を切除するとか縫合するとかいった必要がないので手軽に治療を受けることができますが、どうせ医療機関で治療するならば確実な治療効果が期待できる包茎手術を受けたほうが良いでしょう。
最近は自分で切らない包茎治療を試す人が増えています。
これだと医療機関で治療を受けるよりも経済的なメリットが大きいため、軽度の仮性包茎の人ならば試す価値はあるかもしれません。
最近は包茎の治療効果が期待できる様々なアイテムも販売されています。
アイテムにはいろいろなタイプの商品がありますが、よく目にするのが接着タイプの包茎治療アイテムです。
余った包皮に接着剤を塗ることで亀頭を露出し、剥き癖をつけて包茎を治療するものです。
普段から亀頭が露出していると亀頭部分への刺激が増えるため、亀頭が大きくなり包茎が治ることがあります。
矯正下着アイテムもよく知られています。
矯正器具の付いた下着を履くことで亀頭を常に露出させて包茎の治療を行うもので、接着タイプと同様に亀頭部分への刺激が増えるため、亀頭が大きくなり包茎が治ることがあります。
ただし、こういった治療法はあくまでも軽度の仮性包茎の人向けであり、真性包茎やカントン包茎の治療には使えません。